スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荒井戦略相 知人宅を「主たる事務所」に 活動実態なく(毎日新聞)

 菅新内閣で国家戦略相に就任した荒井聡衆院議員=北海道3区=の政治団体「荒井さとし政治活動後援会」が02年11月~昨年9月の7年間、東京都府中市の知人宅を「主たる事務所」として総務省に届けていたことが分かった。同後援会は、通常は家賃や光熱費などにあてる事務所費を含め「経常経費」として03~08年の6年間で計約4222万円を計上しているが、この知人は毎日新聞の取材に「家賃は受け取っていない」と話しており、経費を別の用途に使っていた疑いがある。

【写真特集】管内閣の顔ぶれ▽国家戦略・消費者担当相 荒井聡

 総務省によると、同後援会は93年設立。02年11月に事務所を横浜市から知人宅マンションに移した。会計責任者は、現在の政策秘書が務めていたが、民主党が政権交代を果たした昨年9月に解散した。収支報告書によると、後援会は03~08年に、経常経費に含まれる人件費計約2741万円▽備品・消耗品費計約463万円▽事務所費約1013万円--を計上。しかし、知人男性は「(荒井氏とは)40年来の友人。たまに郵便物が届くからそれを自分が整理していた」と話し、常勤職員がなく、事務所としての活動実態もあまりなかったことを認めた。

 事務所費を巡っては、07年以降、家賃や光熱費のいらない議員会館に事務所を置きながら高額な事務所費を計上していたなどとして、故・松岡利勝氏、赤城徳彦氏、太田誠一氏が農相在任中に厳しく追及され、相次いで辞任などに追い込まれた。

 荒井氏の事務所は「担当者がおらず、回答ができない」とコメント。民主党の細野豪志幹事長代理は、この問題で9日午前会見し、07年分の明細を点検したとして「違法な点はなく、適切に費用として計上されている」として問題は無いとの考えを示した。

 荒井氏は農水省出身で5期目。07年の道知事選に出馬し落選した。菅首相の側近として知られ、鳩山内閣では首相補佐官を務めた。【杉本修作、喜浦遊】

【関連ニュース】
<関連記事>菅内閣:発足 国家戦略相に荒井氏就任、札幌の後援会エール
<関連記事>菅内閣:消費者担当は荒井氏、少子化担当は玄葉氏が兼務

消費税引き上げ「必要」66%…読売世論調査(読売新聞)
鳩山前首相を上海に派遣=政府(時事通信)
家畜埋却で自衛隊増員へ=菅首相、地元首長と懇談(時事通信)
北朝鮮へ化粧品不正輸出、商社社長ら逮捕 兵庫・山口両県警(産経新聞)
民主党 政調「衣替え」着手 政府と党の共催案など浮上(毎日新聞)
スポンサーサイト

熱田まつり 無病息災祈る灯、幻想的に…名古屋(毎日新聞)

 初夏の訪れを告げる熱田神宮(名古屋市熱田区)の例祭「熱田まつり」が5日行われ、約20万人の参拝者でにぎわった。

 夕方、1年間の無病息災を祈って、ちょうちん365個を半球状に組んだ「献灯まきわら」5基に明かりがともされると、周囲は幻想的な雰囲気に包まれた。この後、近くの神宮公園で花火約1000発が打ち上げられ、家族連れらが夜空の大輪に見入っていた。【稲垣衆史】

【関連ニュース】
初詣で:神社や寺院、客でにぎわい お守りや絵馬買い求め /愛知

鹿児島市に大量降灰=桜島爆発「洗濯物干せない」(時事通信)
「大変残念。反省している」首相辞任で小沢氏(読売新聞)
「これからも徹底抗議」=徳之島・伊仙町長(時事通信)
歌舞伎、将棋などをまちづくりに=地域の伝統文化活動を財政支援―文化庁(時事通信)
踏切で女性死亡、最大1時間半遅れ影響2.6万人 JR福知山線(産経新聞)

「牛の角突き」収益の一部を宮崎に寄付へ(読売新聞)

 宮崎県の家畜伝染病「口蹄疫(こうていえき)」問題を受け、新潟県長岡市山古志地域の牛所有者組織・山古志闘牛会は、30日に開催する「牛の角突き」を、「がんばれ宮崎!口蹄疫被害支援」と題し、収益の一部を宮崎県の畜産業者側に寄付する。

 同会ではまた、感染予防のため、27日に会場の山古志闘牛場(長岡市山古志南平)の消毒を行うほか、30日の開催当日は、来場者の通路に消毒液をしみこませたマットを敷くなどの対策をとる。

 松井治二会長は「地震の時に家や牛を失う悲しさを味わった仲間もおり、宮崎の人の気持ちも分かる。我々が多くの支援を受けて立ち直ったように、宮崎の人も希望を持ってほしい」と話している。

15歳の娘が供述「私も金を使った」 千葉・八街の殺人放火事件で父娘を送検(産経新聞)
会話優しく中身は厳しい…船橋市債権回収チーム(読売新聞)
首相動静(5月25日)(時事通信)
泉南アスベスト訴訟、国に賠償命令…大阪地裁(読売新聞)
<失業>パーソナル・サポート導入など検討 政府チーム(毎日新聞)

<常用漢字>191字増の2136字 改定答申案決定(毎日新聞)

 文化審議会国語分科会は19日、漢字使用の目安となっている常用漢字表を見直す改定常用漢字表の答申案を決定した。196字を追加し5字を削除、現行より191字増の2136字になる。6月の文化審議会を経て文部科学相に答申、内閣が今冬に告示する予定。

【関連ニュース】
【追加された196字の一覧】
<追加された196字の一覧(PDF)>
火論:「国語」に第3の波が寄せる=専門編集委員・玉木研二
<特集>毎日漢字 読めますか?
<連載>校閲インサイド「読めば読むほど」

口蹄疫で処分6万匹超…東国原知事、農水相に支援拡充要請(産経新聞)
神奈川限定の介護タクシー、都内で越境営業(読売新聞)
現行のまん延防止策徹底を=口蹄疫で赤松農水相(時事通信)
工業所有権等収益の減少などで減収・減益―日本新薬(医療介護CBニュース)
「フラガールズ甲子園」来春に、実行委が発足(読売新聞)

70代夫婦が綴る 心豊かな食卓風景 岡西克明さん・松子さんブログ(産経新聞)

 京都在住の70代の夫婦が、日々の食卓の様子をつづったブログが人気を集めている。季節の食材を使ったパエリアやスープ、手作りパンなど心をこめた一皿一皿の写真と、温かな文章に、「おいしそう」「幸せな気分になります」と国内外にファンが広がり、これまでに1470万人がアクセスしている。

 ブログを立ち上げているのは、グラフィックデザイナーの岡西克明さん(73)と松子さん(73)夫妻。タイトルは「ばーさんがじーさんに作る食卓」だ。

 ブログを始めたのは、ちょうど5年前のこと。克明さんが人間ドックで、カロリー計算や減量が必要だと言われ、記録として食事の写真をとることに。デジカメを買ったことをきっかけに、ブログに挑戦したという。

 当初、「減塩、低カロリーだと、同じくらいの年代の人が見にきてくれるのかと思っていた」(克明さん)が、意外にも、20代、30代の若い女性たちが多く訪れるようになった。

 現在1日1万2千人が訪れる人気ブログの魅力は、何と言っても、料理。近所の農園からもらう旬の野菜、自宅で栽培したシイタケ、自家製の保存食などを、塩分や油分などに気をつけながら、松子さんが、スペイン料理、タイ料理にイタリアン、中華、と幅広いレパートリーで料理する。例えば4月の岡西家の食卓には「麻婆タケノコ」「伸びたブロッコリとドライトマトのパスタ」「春シイタケのスープ」と季節感たっぷりなメニューがのぼった。

 松子さんは料理を習ったこともなければ、外食もあまりしないという。頼りになるのは、本棚に数え切れないほど並んでいる、料理本。「なんだか、まだ作っていないものが、いっぱいある感じがします」

 毎日の食事作りは「ままごとみたいで楽しい」という松子さん。「一食一食を大事にしたい。楽しんで食べたいです。いつまで2人一緒にいられるかも分からないし」

 でも。「年を取って時間ができてからいろいろ、できるようになったんですよ。若いときは、楽しく家族で食べれば、それでいいじゃないですか。作んなきゃ、なんて思わずに」(松子さん)。「そう。たまに、やるぞ!ぐらいの気持ちでね」(克明さん)

 2人の温かな人柄に、「実家のようです」と心安らぐ人や、「お二人のように年をとりたい」とあこがれる人が後を絶たない。(岸本佳子)

ハイレベル交渉に前向き=原発建設で越副首相-仙谷氏らと会談(時事通信)
TBS社員をかたり詐欺(スポーツ報知)
普天間移設 社民・山内議員、官邸前で抗議…くい打ち反対(毎日新聞)
「牛と衝突」軽乗用車大破、男性重傷 (読売新聞)
米が徳之島移転に難色=首相、地元と協議継続へ-普天間(時事通信)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。